インストラクターのブログ
NEXT編集長岩井智子のつれづれブログフィットネスインストラクター・トレーナーのキャリアマガジンNEXT編集長岩井智子の日記
NEXT編集長岩井智子のつれづれブログトップページに移動します。

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > 新しい挑戦

新しい挑戦のアーカイブ

2020オリンピック開催地、東京に決定!

  • 2013-09-08(日)10:18
  • 更新日:2013-09-19 12:25

 2020年のオリンピックが東京に決まり、「これがまさに外部環境の変化だなぁ」と感じています。その変化にいかに対応していこうと考えた時、これから7年間、どんな変化が起きるのかを的確に読み、その動きと自分の強みや行動を合わせていく必要が出てきます。

 先日、年輩の方とオリンピックの話をしていて、意外にも、その方々にとってのこの外部環境の変化は、すごく大きいのだそうです。「もう夢も希望も持てる歳じゃない」と何となく過ごしていた方が、「オリンピックを見てから死にたい」「孫と一緒にオリンピックを見たい」と、新たな人生の目標を持った人が少なくないというのです。

 なるほどな。と思いました。この変化の影響を受けるのは、もはや、スポーツ関係者だけにとどまりません。すべての人にとって、明確な外部環境の変化が予想されていて、その機会を活かすもやり過ごすもその人次第。

 私自身は、日本国民として、フィットネス業界人として、編集者として、母として、オリンピック会場の近くに住む住民として、もっともっと切り口はありますが、それぞれの視点で情報を収集し、考え、行動していくことが、オリンピックを最大に楽しめることに繋がると感じています。

 明らかに起こる外部環境の変化にいかに、どこまで対応できるか。その努力は、自分との闘いでもあると感じます。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ルーキーコンテスト2013対策ワークショップ

  • 2013-08-21(水)18:12
  • 更新日:2013-08-21 18:12

ルーキーコンテスト2013(12月7日開催)に向けた対策ワークショップを8月25日(日)夜に大阪で、9月15日(日)夜に東京で開催します!
日本を代表するトッププレゼンターの竹ヶ原佳苗さん、三浦栄紀さん、井上トキ子さんが、その考え方からスキルまでを徹底伝授します!
お申込受付中!!
http://fitnessrookie.jp/

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

『サービス革新』、7月新創刊!

  • 2013-05-15(水)20:46
  • 更新日:2013-05-15 20:46

来る7月、当社としては4誌めとなる定期刊行物『サービス革新』を創刊します。
フィットネスビジネス誌の創刊が2002年、NEXTとLIVEの創刊が2006年。こうみると約5年ごとのチャレンジ。その時その時で、「いまこそ、こういう情報があったら」と媒体を立ち上げてきましたが、今回もまさにそんな感じです。

今、日本のサービス産業には、千載一遇のチャンスが到来していると言われます。

それは一つには、アセアンを中心とした新興国の経済成長が著しく、世界的に新たな市場として注目される中、日本は立地的にも近くに位置していることが挙げられます。生活文化や慣習でも共通している点も多く、世界の先進国の中でも、新興国でより価値の共創がしやすいと考えられています。

もう一つは、日本の経済成長のためにもサービス産業の発展が、国や社会からも期待されていて、国の政策としても、今後サービス産業の発展をバックアップする動きが積極化していることがあります。これまで日本を支えてきた大手製造業から、これから日本を支えるの中小サービス事業者の支援へ。実際に既に日本のGDPの7割はサービス産業が占めていて、今後の経済成長はこの分野の成長なくしては考えにくい状況があります。

このように外部環境はどんどん整いつつありますが、一方日本の中小・サービス事業者にとっては、チャンスがあると言われても、どこから手をつけていいかわからないし、言葉の壁もあるし、リスクもあるし・・・。という状況ではないでしょうか。そこで、“紙媒体”という情報信頼性の高さを活かして、確かな情報を編集して出版することに意義があるのではと感じています。

フィットネスビジネスの前身誌、『クラブマネジメント』のころも、同じような状況でした。フィットネス産業・健康産業が注目されている中、経営情報が整備されていないことで、大きな投資がムダになっていたケースが多くありました。そこで働く人の努力もムダになっていた。その後、先駆者たちが確かな情報を共有してくださり、経営情報が整備される中で、より高い確率で成功クラブが生まれ、やりがいを持って働き続けられる人も増えてきました。

当社にとっては、フィットネス分野からサービス分野へと、大きなチャレンジとなりますが、日本のサービス事業者も、日本国内から世界へと大きなチャレンジが期待されています。一緒にチャレンジしながら、日本のサービス産業の成長に少しでも寄与できる媒体に育てていければと思います。

6月14日(金)に、われらがフィットネス業界でいちはやくベトナム進出を決め、サービス産業の海外進出をサポートする活動を進められている株式会社ルネサンスの斎藤敏一会長、そして、政策面からサービス産業の発展をサポートしてくださる経済産業省サービス政策課の白井重明課長、海外現地での各種業務をサポートしてくださるJETRO生活文化・サービス産業部サービス産業課の北川浩伸課長にご講演いただく創刊記念セミナーも企画しています。

海外展開にご興味のあるサービス事業者さまのご参加をお待ちしています!

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

★ROOKIE CONTEST 2012★受付開始!

  • 2012-07-01(日)17:29
  • 更新日:2012-07-14 17:31

ルーキーコンテスト2012、参加受付開始しました!!

ワールドプレゼンターへの登竜門『ROOKIE CONTEST 2012』

30歳以下のルーキーインストラクターも!
31歳以上のプロインストラクターも!
エアロビクス愛好家のみなさまも!

ROOKIE日本大会で勝ち抜いて、パリ世界大会に行こう!

今年の会場は、日本最大のフィットネス・トレーニングの展示会
スポルテックの会場内!3万人以上の来場者を見込んでいるイベントです。

さらに、今年はルーキーコンテストの審査の合間に、
ファッションショー「フィットネスガールズコレクション」や
細マッチョが格好よさを競う「べストボーイズジャパン」コンテストなど
新企画も盛り沢山!

お友達をお誘い合わせの上、ぜひご参加ください!!

ROOKIE CONTEST 2012 in 東京ビッグサイト
11月23日(金・祝)

http://fitnessrookie.jp/

◆お申込み受付を2012年6月25日からスタートしました。
専用サイトよりお申込みください。
http://item.rakuten.co.jp/fitnessclub/c/0000002138/

◆レッスンを楽しむアマチュア・ファン部門はJAPAN FITとの同時申込みの特別チケットもございます。
http://fitnessrookie.jp/amateur.html#japanfit

※遠方からお越しのお客様には、交通手段やホテルの手配もご案内いたします。
※前日の22日(木)は、スポルテックにてゲストプレゼンターのレッスンおよび参加型のチャリティダンスパーティな

ども企画されています。詳しくはスポルテック公式サイトにて順次公開されます!
http://www.sports-st.com/

皆様にお会いできるのをスタッフ一同楽しみにしています!!

【お問合先】
ROOKIE事務局(『月刊NEXT』内)
[email protected]
Tel.03-5459-2841

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ファンクショナルトレーニングの可能性

  • 2012-02-09(木)18:42
  • 更新日:2012-02-09 18:42

娘の最近の口ぐせは「じぶんでぇー」。自分で何でもやろうとします。「みてて」「やってー」と移行して、手伝おうとすると「じぶんでぇー」に戻ります。その自主性は大切にしたいものです。

さて、ただいま3月に米国視察ツアーを企画しつつ、現在NEXTの次号に向けてファンクショナルトレーニングの記事をまとめています。「ファンクショナルトレーニング」というワードは、数年前から視察先でもよく耳にしていた言葉でした。言葉自体は「機能的なトレーニング」という意味なので、分かった気でいましたが、実はこれがなかなか奥が深い。トレーナーさんたちにとっては当然の範疇に入ることなのかもしれませんが、フィットネスビジネス的に言うと、新たな大きなマーケットができる可能性を持つものです。

というのも、これまでフィットネスとして提供してきたものが、筋力トレーニングや有酸素運動によるボディメイクや代謝のアップとすれば、ファンクショナルトレーニングは「姿勢」や「動き」を改善するもの。姿勢や動きを改善することで、疲れずらい、故障しずらい身体になるだけでなく、筋肉のつき方も変わり、内臓の位置も変わり、体型や体調の改善までできるというものです。筋肉がついたり、脂肪を燃焼する効果を実感するには数ヶ月を要しますが、動きの改善は関節へのアプローチや、ちょっとした意識の持ち方で、より早い効果が期待できます。これはフィットネスの継続に大きく寄与します。

そして何より、ファンクショナルトレーニングは、人それぞれ違う体格や生活習慣に合わせて、その人の姿勢や動きのクセを改善するエクササイズを提供していくもの。内容は個々違うものとなるためパーソナルトレーニングの環境が最適で、その価値も伝えやすくなります。つまりパーソナルトレーニングの価値も市場性も大きく高めることができるわけです。

数年前から米国視察ツアーに行くたびにジムの「ファンクショナルエリア」が拡大し、シットアップではなくプローンでの腹筋エクササイズをする人が増え、パーソナルトレーニングやスモールグループのプログラムが増え。そのたびに耳にしたファンクショナルトレーニング。今回の取材でファンクショナルトレーニングがクラブのオペレーションやレイアウト、商品までも変えていくのかがようやく理解できました。

米国のブームを数年遅れで追う状況はなくなりつつあると思っていましたが、このファンクショナルトレーニングは、ヨガ以来の大きな波をつくれる可能性を秘めています。米国のフィットネス参加人口が15%を超えているのは、もちろん保険制度などの外的要因もありますが、同じくらい内部での改革が進められているからなのだと改めて感じます。今年のツアーでもまた、新たな気づきを得てきたいと思います。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > 新しい挑戦

カレンダー
« 2017 年 5月 »
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る