インストラクターのブログ
NEXT編集長岩井智子のつれづれブログフィットネスインストラクター・トレーナーのキャリアマガジンNEXT編集長岩井智子の日記
NEXT編集長岩井智子のつれづれブログトップページに移動します。

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > 仕事術

仕事術のアーカイブ

2020オリンピック開催地、東京に決定!

  • 2013-09-08(日)10:18
  • 更新日:2013-09-19 12:25

 2020年のオリンピックが東京に決まり、「これがまさに外部環境の変化だなぁ」と感じています。その変化にいかに対応していこうと考えた時、これから7年間、どんな変化が起きるのかを的確に読み、その動きと自分の強みや行動を合わせていく必要が出てきます。

 先日、年輩の方とオリンピックの話をしていて、意外にも、その方々にとってのこの外部環境の変化は、すごく大きいのだそうです。「もう夢も希望も持てる歳じゃない」と何となく過ごしていた方が、「オリンピックを見てから死にたい」「孫と一緒にオリンピックを見たい」と、新たな人生の目標を持った人が少なくないというのです。

 なるほどな。と思いました。この変化の影響を受けるのは、もはや、スポーツ関係者だけにとどまりません。すべての人にとって、明確な外部環境の変化が予想されていて、その機会を活かすもやり過ごすもその人次第。

 私自身は、日本国民として、フィットネス業界人として、編集者として、母として、オリンピック会場の近くに住む住民として、もっともっと切り口はありますが、それぞれの視点で情報を収集し、考え、行動していくことが、オリンピックを最大に楽しめることに繋がると感じています。

 明らかに起こる外部環境の変化にいかに、どこまで対応できるか。その努力は、自分との闘いでもあると感じます。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

自分でなく、コトに意識を向ける

  • 2013-07-03(水)18:13
  • 更新日:2013-08-21 18:15

  グローバル・ウーマン・リーダーズ・サミットに参加してきました。
  超期待していたフェイスブックCOOのシェリルさんは、思いの外自然体な方で、益々興味がわきました。今回のイベント主催の日経新聞社さんの思いのツボに入り込んで、著書拝読します~。
 特別講演で登壇された南場智子さん、パネルディスカッションでのキャシー・松井さん、川本裕子さんと、錚々たるメンバーということもあり、できれば女性の働き方や社会の在り方も大事だけれど、女性ならではの経営的視点の持ち方に触れられる話が聞きたかったなぁ。
  今日の私ならではのトリビアとしては、グローバルウーマンリーダーの方々の中には料理が得意でない人、休日にストレスを感じる人も少なくないことが確認できたことでしょうか。(そこですかー)。
南場さんの言葉「自分でなく、コトに意識を向けること(自分の評価や、自分の能力がどうなのかではなく、何をなしとげようとしているかに集中すること)」が今の私にとても響きました!

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

『サービス革新』、7月新創刊!

  • 2013-05-15(水)20:46
  • 更新日:2013-05-15 20:46

来る7月、当社としては4誌めとなる定期刊行物『サービス革新』を創刊します。
フィットネスビジネス誌の創刊が2002年、NEXTとLIVEの創刊が2006年。こうみると約5年ごとのチャレンジ。その時その時で、「いまこそ、こういう情報があったら」と媒体を立ち上げてきましたが、今回もまさにそんな感じです。

今、日本のサービス産業には、千載一遇のチャンスが到来していると言われます。

それは一つには、アセアンを中心とした新興国の経済成長が著しく、世界的に新たな市場として注目される中、日本は立地的にも近くに位置していることが挙げられます。生活文化や慣習でも共通している点も多く、世界の先進国の中でも、新興国でより価値の共創がしやすいと考えられています。

もう一つは、日本の経済成長のためにもサービス産業の発展が、国や社会からも期待されていて、国の政策としても、今後サービス産業の発展をバックアップする動きが積極化していることがあります。これまで日本を支えてきた大手製造業から、これから日本を支えるの中小サービス事業者の支援へ。実際に既に日本のGDPの7割はサービス産業が占めていて、今後の経済成長はこの分野の成長なくしては考えにくい状況があります。

このように外部環境はどんどん整いつつありますが、一方日本の中小・サービス事業者にとっては、チャンスがあると言われても、どこから手をつけていいかわからないし、言葉の壁もあるし、リスクもあるし・・・。という状況ではないでしょうか。そこで、“紙媒体”という情報信頼性の高さを活かして、確かな情報を編集して出版することに意義があるのではと感じています。

フィットネスビジネスの前身誌、『クラブマネジメント』のころも、同じような状況でした。フィットネス産業・健康産業が注目されている中、経営情報が整備されていないことで、大きな投資がムダになっていたケースが多くありました。そこで働く人の努力もムダになっていた。その後、先駆者たちが確かな情報を共有してくださり、経営情報が整備される中で、より高い確率で成功クラブが生まれ、やりがいを持って働き続けられる人も増えてきました。

当社にとっては、フィットネス分野からサービス分野へと、大きなチャレンジとなりますが、日本のサービス事業者も、日本国内から世界へと大きなチャレンジが期待されています。一緒にチャレンジしながら、日本のサービス産業の成長に少しでも寄与できる媒体に育てていければと思います。

6月14日(金)に、われらがフィットネス業界でいちはやくベトナム進出を決め、サービス産業の海外進出をサポートする活動を進められている株式会社ルネサンスの斎藤敏一会長、そして、政策面からサービス産業の発展をサポートしてくださる経済産業省サービス政策課の白井重明課長、海外現地での各種業務をサポートしてくださるJETRO生活文化・サービス産業部サービス産業課の北川浩伸課長にご講演いただく創刊記念セミナーも企画しています。

海外展開にご興味のあるサービス事業者さまのご参加をお待ちしています!

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

CSV(Creating Shared Value)という考え方

  • 2012-10-24(水)17:02
  • 更新日:2012-10-29 14:00

 今日はあるプライベートでお世話になっている方のご紹介で、ワークスアプリケーションズさんの「カンパニーフォーラム」に参加させていただきました。社長の牧野正幸さんのお話も、基調講演のマイケル・ポーター氏と阿部孝司さんの対談、大前研一さんのお話それぞれに、とても勉強になりました。

 そんな中、最近考えていたことがポーターさんが話していることと一致していて、「そうだよねー」と思ったことがありましたので記しておきます。ま、ポーターさんは本質的なことしか言わないので、みんな「そうだよねー」と思うのだとも思いますが・・・
 それは、CSVという考え方。CSVとは、Creating Sheared Value。「共通価値の創造」と訳されているようですが、要は、事業を通じて社会問題に対処していくという考え方です。これはCSRの先を行く考え方。CSRは事業で得た利益を社会に還元していこうというものですが、CSVは事業自体で社会に貢献していくというもの。さらに共感したのが、政治に期待せず、政府との連携や交流を深めながらも、民間企業が社会問題の解決にリーダーシップを発揮するべきというお言葉。

 今月25日発行号のNEXTで、地域・社会にフィットネスを広げる方法を特集したのですが、まさにフィットネス業界やインストラクター・トレーナーの仕事は、事業や仕事を通じて多くの社会問題に対処することができる可能性があります。必要なことは、もっと政府や地方自治体とも連携・交流しながら、我々がその役割を担えるように働きかけていくこと。
 ポーターさん曰く、この考え方の小さなシフトが、10年後大きな違いを生むと言っていました。我々も社会で担う役割を認識して、気概を持って事業をしたいものです。

 もう一つ印象に残ったのは、これからのチームメンバーの最大のモチベーションツールは「戦略」だというお話。社長がビジョンや戦略を語り、それによってチームメンバーが「社会のために重要なことをしている」という実感や目的意識を持てることが、何よりのモチベーションに繋がると。

 その他、コストリーダーシップの概念も変わってきている話など。私が最近勉強不足なだけかもしれませんが、本当に学びの多い2時間でした!

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

サンディエゴ出張同行

  • 2012-07-08(日)17:40
  • 更新日:2012-07-14 17:59

IDEAワールドフィットネスコンベンションに参加するため、サンディエゴに出張するママに同行。2年前に作ったパスポートを手に飛行機へ。2年前は乗るやいなや、大泣きして3時間泣き続けていたのに、今回はこの笑顔。

「フィッシュプリーズ!」「アポージュースプリーズ!」も上手に言えました。

飛行機は2歳までは、シートを予約しないで乗れるのですが、ことしは1人分を予約。羽田発だったので、出発は深夜。食べるだけ食べて、飲むだけ飲むと、熟睡。彼女の身長と2つのシートがピッタリで、快適なフルフラットベッドに。私は残りのスペースにお尻を少しだけ乗せて、、の旅でしたが、娘が飛行機を降りるまで超ご機嫌だったのは本当に助かりました。

↓こちらはIDEAのパーティで、ヨガの大先生の山田多佳子さんに、おつまみのチップスを食べさせてあげているところ。本人はチップス系はママに止められているので、大人の山田さんに「どうぞ」して楽しんでました。

1日目は現地でベビーシッターをお願いして、ママは1日プレワークショップを受けていましたが、2日目は取材に同行。

のはずが、一番大事なところになって、ママの意識がそちらに向くと「といれ~!」。最近頭が良くて、自分のことをかまって欲しい時は、この手を使います。トイレトレーニング真っただ中なので、「といれ~!」と言えば、ママはかならずだっこして、トイレに行って2人きりになれるからです。

こうして、ママも取材を早めに切り上げ、ごほうびのサンディエゴ観光に。といっても、時間もないので、大好きなかんかん(電車)に数駅乗って、折り返してきました。

最後は、いつもお世話になっているジョーさんに、ロスの空港まで送っていただきました。

お礼に、仲良しポーズ。このぶんじゃ、今後アメリカに行くたんびにジョーさんに何かおねだりしそうですね。。。

ツアー中、本当にみなさまにお世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます!

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > 仕事術

カレンダー
« 2017 年 4月 »
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る